母親が以前から欲しがっていた車を突然プレゼントした結果wwww

「ドキュメンタリーを撮影したいから協力してくれ」 そう言って母親を家の外に連れ出す息子。鍵を渡されアパートの外に出てみると、そこには彼女が以前から欲しがっていた1973年の「サーブ99」が。さて、その反応は?

どうやらこの年代、この色のサーブ99は母親にとって思い出の車だそうで、息子はeBayの販売業者を通じて1973年のサーブ(赤銅色)を探し当てたらしい。ドッキリを仕掛けた息子は「僕はまだ人生の成功者じゃないけど、少しは親孝行できたかなぁ」とコメントしている。
サーブ・99 – Wikipedia