全体重を両腕で支えたまま「直角腕立て伏せ」を軽々とこなす少年

筋力トレーニングのひとつに倒立したまま腕立てを行う「逆立ち腕立て」があるが、5歳の少年ジュリアーノ君は自分の全体重を両腕で支えた状態から、そのまま倒立状態へと移行する、言うなれば『直角腕立て伏せ』を軽々とこなしている。

バランス感覚、握力、子どもならではの軽さも必要とされるこの直角腕立て。ジュリアーノ君は6週間でマスターしたそうだ。