コンクリートのタイルと「木の根っこ」が織りなす、ちょいキモ“侵食アート”

日本では、花や野菜の葉がコンクリートから飛び出すとちょっとした話題になったりするけど、海外ではコンクリートタイル張りの歩道に植えられた「木の根」が大変なことになっている。タイルに沿って蛇行しながら根を広げるさまは生命の神秘を感じられ、ちょっとしたアートにすら見えてくる。苦手な人は苦手かも。

■タイルの下はどうなってるのか、考えるだけでぞわっとする

■根っこの絨毯。

■コンクリートタイルに沿って侵食しつつある根。成長したら蜂の巣のようになりそう

■壁からも。もう少し成長したら登れそう

■隙間に落ちた落ち葉の掃除は完全に諦めモード

■番外編:自然の勝利。

10 Tree Roots Winning Their Battle Against Concrete | Bored Panda