新発見!? あの「名作映画」にこんなものが隠れていた

「誰もが知っている有名映画の裏に隠された秘密」が海外サイトにて特集されていた。大物ミュージシャンのカメオ出演から監督のちょっとした遊び心、あるいは単純に消し忘れてしまった「あちゃ~」なモノ、明らかなミステイクまでたっぷりご堪能いただきたい。これを知っていると映画のウンチク話で盛り上がれるかも。

■「トゥモロー・ワールド」…芸術家・バンクシーの作品がカメオ出演。警官同士がキスしてるアートで、本物はイギリスのブライトンに存在する

■ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」…ケーリー・グラントと横に座っている役者で横Gのかかるタイミングがおかしい

■「バック・トゥ・ザ・フューチャー」朝のシーンなのに外は真っ暗

■「燃えよドラゴン」…これがフイルムに乗っかる当時のユルさがいいですね

■「スターウォーズ エピソード1」…ETがカメオ出演。逆に「ET」にヨーダがカメオ出演してたりもします。

■「夢のチョコレート工場」…「チャーリーとチョコレート工場」のリメイク元。ギリギリセーフと判定。

■「グーニーズ」…土地の明け渡し書を空に破り捨てるシーンで紙が「足されている」。

■「オズの魔法使い」…ドロシーがスニーカーを履いている。歩きやすいものね

■「ハリー・ポッターと秘密の部屋」…カメラマンが写り込んでいる。

■「Mr.Nanny」…プロレスラーのアファ・アノアイが自身役で出演したドタバタコメディ。演出にしても今だったら批判を浴びそう

■「リトル・マーメイド」…トリトン王の入場シーンにミッキー、ドナルド、グーフィが。

■モンティ・パイソンの「ライフ・オブ・ブライアン」…ビートルズのジョージ・ハリスンがカメオ出演

■「ブレイブハート」…13世紀が舞台なのに…

■「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のちょっとしたお遊び

■「ゴーストバスターズ」にポルノ男優として名を馳せたロン・ジェレミーがカメオ出演

■「ボーン・アイデンティティ」オート三輪に隠れて画面から捌けようとしたけど地面に反射しちゃった

■「ベルヴィル・ランデブー」…トイレの排水口がミッキー型という、実に危険なパロディ

■「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」…海にカウボーイハットはあまり似合わない

■「スター・トレック イントゥ・ダークネス」にR2D2らしき影が!

■「TRON」…敵に出会う前に迷ってしまいそうな「パックマン」。シリアスなシーンなのに

■「ショーン・オブ・ザ・デッド」…コールドプレイのクリス・マーティンがカメオ出演。ギターのジョニー・バックランドも出演しているらしい。