幅122cm! ポーランドに建設された「世界で最も薄い家」

1
ポーランドのデザイナー、Jakub Szczesnyによる「世界で最も薄い家」という名の建築。最も幅が広いところでも122cmと腕も広げられないくらいのスリムな一軒家なんだけど、白をベースとした内装と日当たりの良さで不思議と狭さを感じないのだ。

全14枚
■この薄さ。高さは9m、奥行きは10m。こちらは裏口

■入り口はこんな感じ。3階建てで1階はアートを展示する場所になるんだとか

■家の内部から。採光はバッチリ

■キッチンとバスルーム

■リビング

■3階の書斎兼ベッドルームにははしごで上がる

■寝ぼけて落ちたら大変

■日当たりが良さそうなベッドルーム

■全体はこんな感じ

■階段を収納すれば手前の空間にも行ける

World’s Thinnest House: Keret House by Jakub Szczesny » FREEYORK