「これはひどいニャ」飼い主と猫による歯医者コント

WS001360
飼い主の口の中がどうしても気になる猫の歯医者さん。口を開けると顔を突っ込むスタイルで検診。最後は「処置ニャシ!」と言わんばかりの治療放棄。たぶんやる気はない。