要注意! 電子レンジと相性の悪い「身近なモノ」13個

毎日使う人も多い魔法の箱「電子レンジ」。便利だけど入れちゃいけないものも多い。常識レベルで知られている有名なものから「えっ、これダメなの?」と驚いてしまようなものまで13個一気に紹介するよ。

■「洋画でよく登場人物が食べている」でおなじみのテイクアウト中華。持ち運び用の取っ手が金属なのでアウト。

■もはや有名だが電子レンジで卵をそのまま温めると爆発する。稀にうまくいくこともあるが、あまりにリスキーだ。
Amazon:レンジでらくチン ゆでたまご2ケ用 RE-277

■ペーパーランチバッグは有毒ガスが発生し、発火するおそれも。

■発泡スチロールに入った食べ物をそのままチンすると、溶けて食べ物と混ざり合ってしまう。

■ふたやサランラップをせずにレッドソースを入れるとこんな事に……

■多くのヨーグルトの容器は有毒なプラスチックが溶け出す。日本でも一時期ホットヨーグルトが流行りましたね。

■多くの果物は発火、もしくは爆発を引き起こす。絶対真似しないように。

■唐辛子は電子レンジで加熱すると発火する。しかしもっと危険なのは電子レンジから出した時にその蒸気が顔や目に入ること

■こんなステンレス丸出しのタンブラーを電子レンジに入れる人はいないだろうけど

■金属の装飾がついたお皿は、金属部分が火花を発するので電子レンジ故障のリスクも。

■いわゆるタッパー。電子レンジに対応していないものは溶ける恐れが

■アルミホイルも火花から発火の恐れ。

■いわゆる「空焚き」。電子レンジの寿命が縮んだり、最悪故障のケースも。

アルミホイルやプラスチックは有名だけど、果物やランチバッグの危険性はあまり知られていないんじゃないかな。知っている人には当たり前のことだけど、日頃から注意して賢く使っていきたい。

関連:Microwave discharge experiment 電子レンジ の放電実験